ガートナーによるイントラロジスティクス・スマートロボティクスの2022年市場調査

07.12.2022

本レポートによると、イントラロジスティクスロボットは、倉庫や製造業務をサポートする多種多様なロボットタイプやユースケースを対象としている。サプライチェーン技術のリーダーは、自社独自のニーズを考慮した上で、この調査を利用して、自社のビジネスに適したイントラロジスティクスロボットを特定する必要があります。

このホワイトペーパーでは、以下のトピックを取り上げます。

  • サプライチェーン企業の95%がサイバーフィジカルオートメーション(CPA)に投資している、または投資する予定であると回答しており、そのうちのかなりの割合がISRの利用を計画しています」。
  • サプライチェーン企業の66%が、労働力の確保がロボティクスへの投資の主な要因であると回答しています。
  • ISRは万能ではなく、特定のユースケースによって適切なロボットプラットフォームが決まります。"

ホワイトペーパーをダウンロードするには、以下のフォームにご記入ください。

前の記事フルフィルメントを顧客の近くに - GreyOrange Ranger TTP ロボット倉庫オートメーション 次の記事労働力の格差を埋める「人口減少社会
アイコン角 アイコンバー アイコンタイムズ