ゼネラルマーチャンダイズ

ゼネラルマーチャンダイズ

より効率的に、より安全に、商品の注文を処理、移動、遂行する。

Covid は、おそらく永久に購買習慣を変えました。その結果、小売業者はマイクロフルフィルメント、カーブサイドピックアップ、店舗でのフルフィルメントに移行し、より迅速な配送とコスト効率に努めています。GreyOrangeのマイクロフルフィルメントとオムニチャネル戦略は、既存のスペース、リソース、オペレーティングシステムをインテリジェントに最適化し、信頼できるリアルタイムの意思決定を行うことで、小売業者独自のニーズに応えます。今すぐ、遊休スペースをマイクロフルフィルメントセンターに、または12週間以内に任意の優先モードに変換します。可変SKUのスマートな管理とリアルタイムの在庫可視化により、オムニチャネル機能を真に最適化することができます。

お問い合わせ

業界の変化

一般消費財の分野では、実店舗からeコマースへのチャネル需要のシフトが見られます。また、この業界は、労働力の不足、在庫の可視性の低さ、物流の断片化、可変SKU、SKUの増殖といった課題にも直面しています。

フルフィルメント・チャネル間の接続されたアプローチのみが、ラスト・マイルを減らし、利益を上げ、顧客体験を向上させることができるのです。パーソナライズされたショッピング体験とオムニチャネルのフルフィルメントモードが、Now-deliveryの需要に対応します。

雑貨業界のフルフィルメント動向

1

頻繁な品切れと過剰在庫

リアルタイムで在庫にアクセスし、可視化することが必要です。また、Dock-to-StockとOrder-to-Dispatchの時間
を短縮する必要があります。

2

フルフィルメントコストの上昇

購買パターンの変化によるeコマースの急成長に伴い、消費者の宅配便への好感度が高まり、フルフィルメントコストが増加しています。

3

ショッピングモールと百貨店の戦略転換

米国では、著名な店舗やショッピングモールの小売業者が何千もの店舗を閉鎖していますが、百貨店は回復すると予想されています。迅速でスケーラブル、かつ弾力性のあるフルフィルメント自動化を採用することで、フルフィルメントプロセスを前進させ、迅速化させることができます。

4

柔軟なフルフィルメントオプション

コンビニエンスストアは、今でも最も不況に強い小売チャネルである。消費者が、カーブサイドピックアップという少し手を加えたフルフィルメント方式でこれらを利用するようになれば、実店舗は生き続けるでしょう。

5

効率的なオムニチャネル・フルフィルメントの欠如

新しいチャネルミックスからの様々な要求は、リアルタイムの在庫可視化とラストマイル配送の迅速化のために、顧客中心のフルフィルメント戦略を必要としています。

総合小売業がすぐに解決したいこととは?

リアルタイムで在庫を把握し、適切なタイミングで適切な場所に在庫を置くことができます。

今、デリバリー需要と熟練労働者の不足は、俊敏な自動化を必要としています。

eコマースやラストマイル配送におけるフルフィルメントコストの上昇により、マージンが圧迫されている。

ブラウンフィールドのセットアップで新しい技術を採用する能力。

難しい需要予測にも対応できるAI対応、レジリエンス、ダイナミックなフルフィルメントシステム。

既存のフルフィルメント能力は、eコマースとオムニチャネルの要求を満たすために、スケーラブルでポータブルな自動化を必要としています。

ゼネラルマーチャンダイズ

雑貨のダークストア/マイクロフルフィルメントセンター

GreyOrangeのソリューションによる暗所店舗フルフィルメントモードの運用をご覧ください。

 

ソリューションとメリット

  • eコマースとダークストアのフルフィルメントをリアルタイムで可視化し、在庫にアクセスできるように管理します。
  • GreyOrangeのフルフィルメント自動化により、注文から発送までの時間を短縮し、現在の配送需要に対応するためにオペレーションを拡大することができます。
  • あらゆる遊休スペースをフルフィルメントセンターに変換し、ラストマイルコストを削減する、拡張性と可搬性を備えたフルフィルメント運用システムで利益幅を実現
  • ロボット、人間、そして中央の脳をリアルタイムで計画するインテリジェントでレジリエントな技術 - GreyMatter
  • 自動化システム導入のリードタイムが短い
  • DCの人件費、店舗の人件費、ロスの削減による営業費用の削減
  • 資本的支出の遅延による節約
  • 複数のブランドとオムニチャネルのフルフィルメントを同じDCで管理し、24時間365日オペレーションを可視化し、在庫にリアルタイムにアクセス可能
  • 大型商品を含む全在庫の自動化
お問い合わせはこちら

雑貨物流用AMRについて詳しくはこちら

お問い合わせ
アイコン角 アイコンバー アイコンタイムズ