ウェアハウスから「アウェアハウス」へ

現代の商業活動に自ら考える物流センターを

GreyOrange フルフィルメント・オペレーティング・システム(GreyOrange FOS) は、データ、リソース、プロセスを常にリアルタイムで調整、最適化し、同期を行います。オペレーションを認識することで、物流センターにおけるフルフィルメント業務のすべての部分をつなぎます。

成功する「アウェアハウス」

現代の商業活動では、オペレーショナル・アウェアネス(運用における気付き)の統合なくしては、企業やバイヤーが求める精度、スピード、満足度の新たな基準を妥協なく満たすことはできません。

予想、実行、自動化

すべて、「アウェアハウス」にお任せください。24時間365日、常に状況を認識し、問題を解決可能とするテクノロジーが、自動的に導き出した対応を実行。フルフィルメント業務のすべての部分で、常にリアルタイムに最高の成果を実現します。

予測、提案、解決

絶えず変化している現代の商業活動に合わせ、「アウェアハウス」も絶えず問題を解決します。オペレーショナル・アウェアネスを統合することで、スピード、処理量、利益はそのままに、リアルタイムに例外的な事象や不測の事態を解決することができます。

常に把握、常に解決

「アウェアハウス」:目指すはハイ・イールド・フルフィルメント

スピーディな時代に成功する、GreyOrangeが提供する新時代の倉庫「アウェアハウス」

オーケストレーターとしての

GreyOrange フルフィルメント・オペレーティング・システム

GreyMatterソフトウェアとRangerロボットを統合し、これらを管理する動的なマスターフレームワークを通して、協調的なシステム認識、スピード、アジリティ、精度、作業員の動的な最適化、最高のワークフローを実現し、ハイ・イールド・フルフィルメントを達成させます。

頭脳としての

GreyMatter

絶えず問題を解決しているインテリジェンスが、常に次の対応の比較検証を行い、最適な判断を導き、実行します。これにより、フロアの動きに応じて、在庫の調整および最適化がなされます。

動力としての

Rangerロボット

Maximum-Life™エンジニアリングに基づく高度なフルフィルメントロボット「Ranger™」シリーズが、インテリジェントな運営、柔軟な適応、長期的な稼働と学習をサポートします。品物を人に届けるプロセスや、移動、ピッキング、集約、パッキング、出荷仕分けなどの作業用に開発されたロボットです。Ranger GTP、Ranger GTP XL、Ranger Pick、Ranger Mobile Sorterは、GreyMatter、また人間の作業員と連携して使われます。

動的な在庫管理による

循環システム

動的な在庫管理は、ディープなデータ、動的な判断、需要に基づくデリバリーに支えられた「アウェアハウス」であることを示す証です。