“”

GreyOrangeのインテリジェントなフルフィルメントロボット「Ranger™」シリーズ

Rangerは、柔軟な対応とインテリジェントな適応、そして、素早くスムーズなフルフィルメントを実現する、GreyMatterのAIソフトウェアと一体化したロボットです。

MAXIMUM LIFE™(ロボットの寿命を最大化する)ロボティクス:

学習しながら長く使える

インテリジェントなRangerシリーズロボットとAIベースのGreyMatterソフトウェアが一体となって、GreyOrange フルフィルメント・オペレーティング・システムを構成しています。GreyMatterとRangerロボット間のリアルタイム・フィードバック・ループが、継続的に意思決定とパフォーマンスを形成しています。

システムに後付けするようなロボットとは異なり、RangerロボットはGreyMatterのインテリジェンスを学習レイヤーとして統合し、注文の変動や、ユーザーが設定したフルフィルメントの優先順位に合わせ、物流センター内外の状況に応じて動くことができます。

常に問題を解決をしているインテリジェンスが、繁忙期も通常期もパフォーマンスを最適化

GreyMatterとRangerロボット間のリアルタイム・データフローは、常に問題を解決しているアルゴリズムをフィードし、ピーク需要の対応を優先するか、通常時のペイオフとトレードオフを管理するか、常に最適な判断を導くために調整が行われます。

GreyMatterとRangerロボットはGOフルフィルメント・オペレーティング・システムの頭脳と手足

Rangerロボットは、ロボット同士やGreyMatterと常に通信し、リアルタイムの要因に基づいてフルフィルメントの優先順位や在庫移動パターンが絶えず計算され、オーケストレーションが行われます。納期、在庫の位置、店舗からの補充依頼、作業員やロボットの数、実際の注文処理率、発送までの残時間の変化に伴い、最優先事項やサービス品質保証(SLA)を満たせるようにシステムが調整を行います。

GreyOrangeが提供する新時代の倉庫「アウェアハウス(AWAREhouse)」

Rangerロボットは、注文の流れやフロア在庫のペースに合わせて稼働しながら学習し、常に移動するラックの中から適切な品物を、適切なタイミングで、適切な場所に送ります。物流センター内の幅広い作業にRangerロボットを取り入れることができます。

  • 迅速かつ扱いやすい形で在庫ラックをピック・プット・ステーションに送り、作業員の重労働や長距離移動を解消
  • ピッキングや注文集約をサポート
  • 在庫品や梱包物を次の工程の適切な場所に運搬
  • 梱包物の仕分け方法や目的地を制限することなく、任意に再設定して仕分け可能
  • 梱包物やトローリーを発送エリア別に運搬

大規模なオーケストレーション
リアルタイムデータを投入することで、移動ルートやペースを最適化し、混雑を回避するため数百台のRangerロボットの同時利用を可能にします。Rangerロボットは、非稼働時間を使って自動的に充電ステーションに移動・充電し、稼働時間を最大化します。

素早い注文集約
Ranger GTPは、注文の優先度に応じて、物流センター内の在庫品にアクセスし、該当の品が積まれた稼働式ラックごとピック・プット・ステーションに送ります。これによりスループットを向上し、作業員による手動の品出しは不要になります。

N-Deepテクノロジーを使った在庫アクセス
人間と違ってRangerロボットは、エレベーター式の多層構造のラックなど、通路のない狭い在庫スペースにもアクセスが可能で、在庫許容量を最大化、既存施設を最適化します。ラックを横に移動するロボットや、目的の品を取ってピック・プット・ステーションに送るロボットなど、複数のRangerロボットを連携させて品出しを行います。

収益・コストをリアルタイムに認識
Rangerの動きは、各注文の要求を満たす、あるいは拒否する場合のリスクとメリットを、常に評価しているGreyMatterの動的な計算に基づいて指示されます。

GrayOrangeが新時代を牽引

DeepThinkTMディストリビューション

現代の商業活動のスピードについて行くには、現代的な思考とテクノロジーが必要です。その希望に応えるために、GreyOrange フルフィルメント・オペレーティング・システムは、AIベースのソフトウェアとインテリジェントなロボットを一体化させ、常時データをやり取りし、両者を着々とスマートにしてゆきます。リアルタイムの注文とフロアの流れを監視し、常に最良の解決を導くアルゴリズムにそのデータを通知することにより、より深い思考に基づいた新しい時代の流通を先導します。ディープなデータ、動的な判断、需要にかなった配送によって、いまここで刻々と未来を実現させます。