“”

GREYMATTERTM

常に問題を解決しているGreyOrangeフルフィルメント・オペレーティング・システムの頭脳 フルフィルメント・オペレーティング・システム

GreyMatterとは?

GreyMatterは、GreyOrangeフルフィルメント・オペレーティング・システム(GreyOrange FOS)のソフトウェア部分を構成する、AIベースの頭脳です。ソフトウェアとインテリジェントなフルフィルメントロボットを一体化し、物流センター、倉庫、フルフィルメントネットワーク、店舗における在庫のピッキング、パッキング、発送を最適化。注文を適切に処理します。

常に変化を続ける現代の商業活動。

GreyMatterのインテリジェンスは絶えず問題を解決します。

将来的な柔軟性と適応性を備えて開発されたGreyMatterは、AIベースのロジックにリアルタイムデータを投入します。よって、オーダーフルフィルメントの優先度を常に判断し、Rangerロボットと連携して最高の収益率を実現させます。

ソフトウェアとロボットのシームレスな一体化により、フルフィルメント全体の状況を認識し、市場の速さ、複雑さ、不安定さに対応できる高いパフォーマンス、スピード、精度が得られます。

最新のフルフィルメント技術

GreyMatterの適応学習、機械学習、リアルタイム解析が、GreyOrangeのインテリジェントなロボットと動的に統合し、高収益実現に向けリアルタイムに動作します。

適応学習

  • リアルタイムのプラニングとスケジューリング
  • 複数実行者に対応したプラニング
  • 在庫品目の特徴を階層的に管理するインテリジェントな保管アルゴリズム

機械学習

  • リアルタイムに輻輳制御し、経路のプラニングを最適化
  • 統括的・協調的なインテリジェンス
  • リアルタイムの在庫分析

GreyMatter コマンド・センター

操作、管理、診断のダッシュボードと分析ツールの包括的なセットによって、システム制御、データ、継続的改善に関するインサイトが直ちに取得できます。

店舗適応型の在庫補充

物流センターと店舗が密接につながることで、購買者へのサービスや満足度が向上します。

GreyOrange FOSが全チャネルにわたって購買者の需要を調整することで、店舗と物流センターが協力して在庫状況を最適化でき、在庫補充コストの削減も可能になります。

GreyOrange FOSは、各店舗の希望に合ったタイミングで在庫の補充とパッキングが行われるように、自動的に命令を出します。そのため、注文から補充までの工程が効率化され、不正確な在庫補充に起因する店舗の余計な労働時間やコストを省くことができます。

GREYMATTER の特長

機動的な在庫管理

GreyMatterは全在庫を可視化するためすべての在庫品を「アクティブ」、すなわちいつでもどのチャネルでもオーダーフルフィルメントの準備ができている状態にします。「保管中」という在庫ステータスを許容せず、在庫の動きを予測・最適化して、注文の流れ、商品の需要、到着期限、利益性分析、サービス品質保証(SLA)、顧客価値、顧客満足度に基づき、ロボットのオーケストレーションを行って在庫を準備・移動させます。

ウェーブレス・ストリーミング処理

店舗フロアへの納入の流れをリアルタイムに調整し、ウェーブ (バッチ処理)でのユーザー注文を妨げることなくオンデマンドを実行できるよう柔軟なオーダーフルフィルメントの判断が可能です。

大規模なロボットのオーケストレーション

リアルタイムデータを投入することで移動ルートやペースを最適化し、混雑を回避するために数百台のRangerロボットの同時利用を可能にします。Rangerロボットは、非稼働時間を使って自動的に充電ステーションに移動・充電し、稼働時間を最大化します。

注文を集約

Ranger GTPは、注文の優先度に応じて、物流センター内の在庫品にアクセスし、該当の品が積まれた稼働式ラックごとピッキング/パッキングステーションに送ります。これによりスループットを向上し、作業員による手動の品出しは不要になります。

N-Deepテクノロジーによる在庫アクセス

人間と違ってRangerロボットは、エレベーター式の多層構造のラックなどの通路のない狭い在庫スペースにもアクセスが可能で、在庫許容量を最大化し、既存施設を最適化します。ラックを横に移動するロボットや、目的の品を取ってピッキング/パッキングステーションに送るロボットなど、複数のRangerを連携させて品出しを行います。

収益・コストをリアルタイムに認識

Rangerロボットの動きは、各注文の納期が守れるか否かの判断のリスクとメリットを、GreyMatterが常に動的に計算しながら指示しています。

ロボットやラックの移動ペースを動的に調整

作業員ごとに作業スピードが異なるため、各ピッキング/パッキングステーションごとに注文の進捗にばらつきがあります。
GreyMatterは、それぞれの注文の進捗をリアルタイムに確認し、空いているステーションへ在庫ラックを送るようにRanger GTPに命令し、ロボットと作業員の待機時間を減らします。