LINE UP

Rangerシリーズのロボットは、GreyMatterのAIソフトウェアと統合して開発されています。柔軟に対応し、インテリジェントに適応し、より迅速でシームレスなフルフィルメントを実現します。

Ranger™ロボットシリーズ, GreyOrange

Maximum life™ robotics

耐久性と学習性に優れた構造で長寿化に適したロボット

Rangerシリーズのロボットは、AIソフトウェアGreyMatter と一緒に連動して、GreyOrangeならではのフルフィルメントシステムを作り出しています。

システムの付属品として動作するロボットとは異なり、Rangerロボットは、学習機能としてのAIを組み込んでおり、オーダーが変動したり、フルフィルメントの優先順位が変更されたりと、物流センター内外で発生するリアルタイムのイベントに適応するようにできています。

Always-solving intelligence

常に進化するAIが、ピーク時や日々のパフォーマンスを最適化

Ranger™ ロボットは、GreyMatterと相互通信し、リアルタイムにオペレーションの優先順位と在庫移動パターンを算出します。出荷日・在庫の位置・配送先・作業員数やロボット数・実際の作業ペースを見て、システムが最優先事項を判断した上で、サービスレベルを確実に満たすように対応して動きます。

しかも、そのリアルタイムデータは、常時アルゴリズムに反映されるため、自動的にパフォーマンスを改善していきます。これは、ピーク時でも、そうでない時でも常に行われています。

Other Features

大規模な
オーケストレーション

Mobile-Spatial Logicがリアルタイムデータを用いて移動ルートやペースを最適化。混雑を回避することで、何百台ものRangerロボットが同時に動作することができます。レンジャーは割り当てられていない時間を利用して自動的に充電ステーションに接続し、電力を補給して稼働時間を最大化します。

オーダーから
ピック作業の迅速化

Ranger ロボットは、注文の優先順位に合わせて、物流センター内の在庫にアクセス。在庫ラックをオーダーアイテムに基づいて作業員のいるステーションに搬送することで、スループットを高速化。作業員によるマニュアルでの在庫探しを不要にし、作業時間の短縮や効率化を実現します。

倉庫スペースを
効率よく使い切れる

人間とは異なり、GreyOrangeのロボットは通路のない高密度な在庫ゾーンにアクセスできます。だから、エレベーターを備えた立体的な中二階も含め、倉庫スペースを最大化・最適化します。奥にある在庫も、複数のロボットが連携して自動で移動し、荷物をステーションに運ぶことができます。

リアルタイムでの
費用対効果分析

ダイナミックなGreyMatterソフトウェアによって、各オーダーの指示はリアルタイムで分析されます。GreyOrangeのロボットたちは、ただ単に作業員のいるステーションに運ぶだけではなく、その分析に従い、生産性や費用対効果を常時把握しながら、ベストな効率で動いています。

Software

リアルタイムに改善するソフトウェア、GreyMatter™で常に最善の一手を。